繰り返すカンジダのかゆみの原因は乾燥!誰にも相談しないで治す為にはセルフケアが重要

アラフォーからのスキンケア




アラフォーになり、今までになかった身体の不調がいたるところにでてきたwakameです。
外見でわかる老化はもちろんですが、内面のホルモンバランス(?)による不調が明らかに増えてきました。その中でも今一番私を悩ませている不調が「デリケートゾーンのかゆみ」です。そのかゆみについて調べたり、実践したことをご紹介したいと思います。

結果:一番効果があった方法は専用ケア用品を使用すること

私が実践した方法一覧

  • 一般市販薬を塗る
  • 病院で直接デリケートゾーンに薬を入れてもらう
  • 病院から処方された塗り薬を塗る
  • ホルモンバランスを意識した食生活の改善
  • デリケートゾーン専用ケア用品を使用する

基本的な解決法は上記5種類の方法で、全て試してみました。

解決法を実践した感想

一般市販薬を塗る

メリット:気軽にドラッグストアで購入できる。
デメリット:ドラッグストアで購入する時、少し恥ずかしい。
      一般市販薬は価格が高い。

気休めレベル。ほとんど効果無かった。

病院で直接デリケートゾーンに薬を入れてもらう

メリット:医師に処置してもらう安心感。とりあえずその時は治る。
デメリット:病院の予約をとらないといけない。デリケートゾーンに直接薬を
      入れる為、若い女性には抵抗があるかもしれません。

即効性はないかな。一回きりの治療で、次の生理前に再発。対処療法的で根本の解決はしない。

病院から処方された塗り薬を塗る

メリット:割と即効性があってかゆみが落ち着く
デメリット:処方箋なので病院に行かないと貰えない

成分は「オキナゾールクリーム」「レスタミンコーワクリーム」の2種類が混合されています。

身体の調子があやしくなってきたな・・と思ったら、お風呂上りに塗っていました。それで少しは治まるのですが、やっぱり次の生理前になると再発。

ホルモンバランスを意識した食生活の改善

メリット:手軽に楽しみながらできる
デメリット:効果がでるのに時間がかかる、効果がわかりにくい

納豆や豆腐、牛乳など、女性ホルモンにいい食品をとるように心掛け、バランスいい食事を実践していました。しかし一向に体質は変わらず。食生活による体質改善は一朝一夕にしてならず。という事ですかね。即効性を求めるwakameには向いていません。

デリケートゾーン専用ケア用品を使用する

デリケートゾーンの本格スキンケア 今まで不可能だったひだにも使える

メリット:インターネットで購入できる。
デメリット:価格が少し高い。

デリケートゾーンケア用品の「PECLIA(ぺキュリア)」を使用する解決法が一番効果がありました。

そもそもの「かゆみ」の原因は?

加齢と共に、女性ホルモンのエストロゲンが減少することにより膣粘液の分泌量が減り、乾燥してしまいます。膣の粘膜が乾くとカンジダ症などの感染症にかかりやすくなります。wakameも毎回「膣カンジダ」のかゆみに悩まされていました。
そして膣の乾燥は恐ろしい事に、女性ホルモンのバランスが崩れて老化のスピードを早める事がわかっているそうです!!

デリケートゾーンを感染症から守る為には・・

お風呂で石鹸をつけてナイロンタオルでゴシゴシ洗わない

弱アルカリ性のボディソープで洗うと、本来必要な常在菌まで洗い流してしまう可能性があります。デリケートゾーンを洗う場合は、ぬるま湯または弱酸性の専用ソープで洗います。

婦人科の医師に「あまり石鹸をつけて洗わないでね」と言われました。

家にいる時はできる限り下着を履かない

これ、婦人科を受診した時に医師に推奨された方法です。wakameにとってはかなりハードルが高いです。下着を履かない事に抵抗がある方は、「家の中ではスカートをはく」という事もいいそうです。ズボンに比べたらスカートの方が通気がよく蒸れにくいからです。

これだと簡単に実践できますよね。

デリケートゾーン専用のオイルやクリームを使用して保湿とマッサージをする

お恥ずかしい話、アラフォーのwakameですがデリケートゾーン専用のオイルやクリームが存在する事を知りませんでした。

欧米などの外国では、スキンケアと同様に膣まわりのケアをすることは当たり前なのだそう。

効果があったおすすめのデリケートゾーン専用ケア用品

デリケートゾーンのかゆみについて調べていた時に見つけた商品が「PECLIA(ペキュリア)」という商品です。

デリケートケア専門医の「喜田直江先生」が推薦する『ハリ、ツヤ、肌の引き締めを取り戻し、匂いを防ぐ オールインワンのデリケートゾーン専用美容液』

現役の女医さんがお勧めしていると安心できますよね。

最近は女性誌にもよく掲載されていて、「デリケートゾーンのケア」についての関心が日本人女性の間でも徐々に高まってきているみたいですね。

パッケージもとっても可愛くて一目惚れしました(*^_^*)

PECLIA(ペキュリア)の使用感

1回につき1~2滴使用するのですが、かなりのびます。なので、説明書に書いてある通り、1本30mLで約2ケ月使用できます。最初は少し値段が高いかな。と思っていたのですが、2ケ月使用できるならコスパはいいと感じました。
べたつきがないので、使用後すぐに下着を履いても下着が濡れることはありません。毎日ケアをしていて、数日後には乾燥を感じなくなりました。
他にも関連商品があるようなので、それを試しながらこれからも継続してデリケートゾーンのケアを行っていこうと思っています。

デリケートゾーンの悩みって同性でも相談しにくいですよね。
病院に行く時間がない方、こっそり治したい方、ペキュリアを試してみてください!

デリケートゾーンの本格スキンケア 今まで不可能だったひだにも使える

自分でできる限りの老化防止に頑張ります。