『停電対策』事前に準備しておける事。警視庁災害対策課のツイートを集めました!




記録的な大雨や暴風で甚大な被害が発生するおそれがある台風が接近する前に、事前に準備できる事、警視庁警備部災害対策課が公表しているおすすめのアイデアを集めてみました。是非、活用してください。

停電対策のアイデア

畜光テープで簡単防災

このアイデアに対する体験者の口コミとして、100均の畜光テープは光が弱い商品が多いらしく、通販やホームセンターで購入するのがいいそうです。

畜光テープはこちらから購入できます。↓

【ニトムズ T0622】防災畜光テープ 【C1-4】
価格:374円(税込、送料別) (2019/10/12時点)楽天で購入

ペットボトルで簡単ランタン

このアイデアに対する口コミとして、
・丸いペットボトルより、カクカクしたペットボトルの方が使いやすい。
・非飲料水でできる。
・ペットボトルでなくてもビニール袋を懐中電灯にかぶせる事でも明るくなる。
・(その時にあれば)漂白剤を少し入れるともっと明るくなる。

ツナ缶でランプ

オイルサーディンでも代用できそうですよね。ただ、最近はノンオイルツナ缶も多いので、家に常備しているツナ缶を確認しておきましょう。

サラダ油で簡易ランプ

これを見た人の疑問で、「油に直接引火しないの?」という質問に対して、「 サラダ油の引火点はおよそ300℃前後なので、コップを直接熱しでもしない限りは、油に引火することは無いと思います。もし油が高温になったとしても、その前に250℃前後の発煙点というのがあり、煙が出てくるのでその時点で消せば問題ないかと思われます。 」という一般の方の回答がありました。

注意点は「耐熱ガラスコップですること」

停電で冷蔵庫が止まった時は・・

これに対する口コミとして多かったのは、わざわざ入れ替えをしなくても「停 電になったら冷蔵庫を一切開けない」という事が一番効果があるようです。

ちなみに、停電後冷蔵庫の開閉をしなかった場合、2-3時間は冷蔵庫内の冷気を保つ事ができ、その後温度が上昇します。3時間以上経過した場合は食材を消費した方がいいです。

「ジャンプスターター」

口コミだと、ソーラーパネルがついたジャンプスターターだと、少々質は落ちるがキャンプでの電源や長距離ツーリングの時の非常電源として活躍する!そうですよ。これは結構評判いいみたいで、ネットで購入したい!という声が多数ありました。

ソーラーパネルがついたジャンプスターターはこちらから購入できます。↓

【在庫僅か】大容量ポータブルバッテリー HG-P01 ポータブル電源 モバイルバッテリー ソーラー LED ランタン ジャンプスターター機能搭載 キャンプ アウトドア 防災 バッテリー 小型 家庭用 地震 停電 非常用電源 オートキャンプ 正弦波 車中泊 災害時 【送料無料】
価格:7900円(税込、送料無料) (2019/10/12時点)楽天で購入

日頃から災害に対する意識を高める事が何より重要ですよね。
これを機会に防災グッズの点検をしましょう!

警視庁警備部防災対策課のHP

防災グッズについての記事はコチラ